2013年7月9日火曜日

白川城



場所 白河市藤沢山

鎌倉時代に結城氏の祖小山朝光(結城家の家祖であるため、結城朝光の名で知られるが、藤原秀郷を祖とする小山氏の流れであり、父は下野国小山の豪族・小山政光で、母は源頼朝の乳母寒河尼である。)が得た白川庄に、孫の結城祐広が移り住んだのが白河結城氏の始まりとされる。

南北朝時代には、宗広・親光父子は南朝方の中心人物となり北畠顕家と共に京都周辺まで二度遠征し、北朝方足利尊氏軍と戦っている。

宗広の跡を継いだ親朝は自分が隠居する際に、嫡子顕朝に白川城を継がせ、次男・朝常には小峰城を築いて小峰氏を興させたが、当初両家連携し南奥羽のみならず北関東にも影響を与えたが、その後両家は対立し12代義顕の時に、小峰城主の小峰義親に追われて会津へ落ちたため白川城も廃城となった

写真館

白川城も震災の影響色濃く、色々と倒壊してしまっています。白河小峰城と白川城歴史的背景もありますので、是非セットで見て頂きたい城址です。




 
MAP



訪問日 2013.05.05

0 件のコメント:

コメントを投稿